ノートパソコンDynabook分解 カバー外し SSDへ換装(EX87/TG、 SSD 東芝TOSHIBA Q300)

2018年2月3日

17.3インチのノートパソコンを探していたところ、

安く譲ってもらいました。

私が最近パソコンを占有してしまっているので・・・。

基本的にパソコンを持ち歩かず、

定位置で使っているので大きなノートパソコンを狙ってました。

17.3インチ型 Dynabook EX87/TG

CPU i7-6500、メモリー16GB、HDD 2TBですが・・・、

現在使っている

7年前のDynabook T350 SSD仕様に対して、

やっぱりほぼ全ての動作でHDDは遅い・・・。

過去記事:7年前のDynabook T350 SSD化で激速化

 

パソコンは道具、便利なものを知ってしまうと、

使いにくいものはどうしてもイライラ・・・。

<スポンサーリンク>

 

 




























東芝 Toshiba Q300 240GB

店頭安売りでお手頃だったので、これを選択。

<↓アマゾンリンク カスタマーレビューも参考になります>

 

SSD交換/換装 Dynabook EX87(分解は Dynabook T67/V、AZ67/VG、TB97、AZ47も同じかも)

Dynabook T350はHDDだけ覗ける小さな蓋がついていましたが・・・、

Dynabook EX87は全面蓋・・・。

さて分解しましょう。

といってもパパの横で見ていただけですが。

樹脂のヘラを使って(ホームセンターで数百円で売ってるようなもの)、

まずはバッテリーの横から口を開けていきます。

そして横へ・・・、

蓋の爪をは小さな力で外れます。

数分でカパッと蓋が取れました。

蓋の詰めは深く掛かるものではなかったので、

折れる心配はなさそうです。

メインはネジで固定のようです。

ゴムでマウントされていました。

金属的に固定しているのではなく、

ゴムを圧縮して止めている構造。

<スポンサーリンク>

 

 

まずやっぱりSSD Q300に変えたら

別物のようなパソコンになりました。

う~ん、快適快適(ぱぱありがとー。ん?これパパが使うパソコン?)

やっぱり、Windowsの起動/シャットダウンだけではなく、

色んなソフトの起動、データ読み込み等々全域で

かなり早くなっていることが体感できました。

⇒過去記事:7年前のDynabook T350 SSD化で激速化

 

実は今回、

○Dynabook T350

  CFD  CSSD-S6T480NMG3V(SSD) ⇒ 東芝Toshiba Q300(SSD) 

○Dynabook EX87/TG

  HDD ⇒ CFD  CSSD-S6T480NMG3V (SSD)

とSSDの入れ替えみたいなことをしました。

すなわち、Dynabook T350では2つのSSDを経験できたということになります。

<スポンサーリンク>

 

 

 

SSD換装 「東芝Toshiba Q300 」と「CFD  CSSD-S6T480NMG3V」比較

体感的な差異無し。

スペックは読込、書込ほとんど変わらないので、

同じになると言えば、同じになるか・・・。

<↓アマゾンリンク カスタマーレビューも参考になります>

 

ところで、17.3インチのノートパソコンについてのインプレは追って。

思った以上に良いです。

<スポンサーリンク>

 

皆さんの参考になれば幸いです。

<スポンサーリンク>

 














当ブログ内:あなたの街の新しいお店!

パソコン

Posted by nayami