2018年 広島市内近場で 蛍 乱舞中! 

2018年6月17日

おじいさん、おばあさん世代が子供の頃は、

近所でたくさん見られ、

蛍は身近なものだったと思います。

今の親世代では珍しいものではないでしょうか。

しかし、実はいる場所にはたくさんいます。

蛍観察会みたいな催し

利用してもいいと思いますし、

実は近場でもたくさんいます。

我が家でも毎年恒例の蛍観察に行ってきました。

蛍の乱舞を目の当たりにすると、

毎年必ず驚きの声が出ます。

※パパのお株もUP!

<スポンサーリンク>

 

 

広島 蛍

蛍の時期

毎年の経験ですが広島では、

6月~7月上旬ぐらいになると思います。

また雨の降った後のような湿気の多い時に

蛍が飛んでいることが多いように思えます

 

場所

蛍観察の催しは色んな所で行われていますが、

一度参加したところ、やはり人が多いです・・・。

また、結構場所まで遠い・・・。

(有名どころでは、三段峡、庄原等)

しかも、タイミングによっては蛍が観れないことも。

 

そこで、近場で蛍を見ることができないものかと、

パパが色んな所を散策に。

その結果、実は近場でたくさん見つけることができました。

我が家では4つくらい乱舞する場所を把握しています。

 

具体的な場所の紹介は避けさせていただきますが、

キーワードとしては、

・流れが緩い小川

 特別綺麗な水である必要はないです。

・小川に草や木々が生えているとgood

皆さんの近くで小川があれば、

その上流を目指して探していくと見つかると思います。

 

注意点

〇暗闇であり、水場で草木が茂っているところです。

足場や虫に注意する準備をしましょう。

下見はしておいた方が良いです。

この時期まだ蚊等は見かけることは少ないですが、

準備はしておきましょう。

〇近隣住民の方の迷惑にならないように、

また侵入禁止等の規則やマナーを守りましょう。

そしてゴミポイ捨てや生息場所を荒らすことはやめましょう。

〇蛍は強い光を嫌います。

車のヘッドライト、カメラフラッシュ等の使用は避けましょう。

<スポンサーリンク>

 

 

今年の蛍

広島市内から30分以内の場所です。

山の方に向かい、小川があるところです。

今回は未だ時期的に早いのか、

もしくは天気の関係か少し少なかったですが、

パット見て数十匹が乱舞していました。

去年も数回行きましたが、

日によって差があります。

 

乱舞しているところに手を差し出し、

しばらく待っていると、

蛍から手に乗ってきてくれます。

↓は娘の手の上で光っている状態。

暗闇ではスマホでうまく撮影できません。

大型レンズのカメラで、

ずっとシャッターを開けた状態でキープする必要があります。

※捕まえて持ち帰らず、

そのまま優しく返してあげましょう。

<スポンサーリンク>

 

当ブログ内:あなたの街の新しいお店!

暮らし

Posted by nayami