スマホを監視カメラに利用できる 無料アプリManything

2017年12月21日

リアルタイムで状況確認できる監視カメラのメリット

目が行き届かないところに不安があると心配です。

  • 別の部屋に幼児を寝かせている
  • 子供の留守番
  • 外出時に部屋に残してきたペットの様子
  • いたずらの警戒

 

また、逆に見ていて癒されるものや、ずっとその場に居て観察し続けることができないものもあります。

  • お留守番中のペット
  • おじいちゃんおばあちゃんが孫の顔をみていたい
  • 巣箱、巣穴から動物が出てくる瞬間

等々、活用できるシーンはたくさんあると思います。

そんな時に便利なのが監視カメラ。しかし、監視カメラは結構な値段がします。

また使ってみて気が付くこともあるでしょう。(買ってみたものの使えないとか・・・)

そんな時に使わなくなったスマホが監視カメラの代わりになるアプリがあります。

<スポンサーサイト>

 

無料監視カメラアプリ Manything

使用するスマホ

現在使用中のスマホ:iphone7

監視カメラ用スマホ:iphone5

(画面の汚れはあしからず・・・。)

 

監視カメラ作動中の様子

監視カメラ本体となるiphone5の画面です。

画面明るいところと、暗いところがありますが、明るい部分を外部から確認することができます。

すなわち、監視するiphone7に映し出される画面となります。

監視カメラとなるiphone5は、子供や動物の手の届かないところに立て掛けるといった固定方法で使用しています。

こちらが監視するiphone7に映し出される様子です。なお、撮影 ⇒ 受信画面の時間遅れは数秒程度のようです。

ものすごくスムーズに被写体の動きが再生されるわけではないです。ネットワークの状態等で変わるようです。

 

画像の鮮明さは選択ができます。

 

 

注意点:監視カメラ側のバッテリー消費

監視カメラとなるiphone5は、撮影しながらデータ送信しているわけですから、それなりのバッテリー消費となります。

私は監視カメラ側は電源につなげた状態で使用しています。

撮影時間にもよりますが、バッテリーだけの稼働は避け、電源ベースでの使用を必須にしておいたほうが良さそうです。

<スポンサーサイト>

 

動作検知 音の検出 うれしい機能

撮影範囲内に動作や音があった時だけ作動する機能がついています。

そしてその感度の閾値を設定することもできます。

(風で揺れるといった動きに対する省きたい状態を対象から外すことができます。)

そして、撮影範囲内に動きがあると、メールやアラーとを出してくれるように設定できます。

通知が来た時にチェックすれば良くなるのです

これは、動物の監視や、いたずらの監視に役立ちそうですね。

 

当ブログ内:あなたの街の新しいお店!