抱き枕 「王様の抱き枕 と MOGU 」 (インプレ、評価)

2017年12月15日

睡眠導入の大切さ

翌日に大きく影響する睡眠は大切ですよね。

寝付けなかったりするとイライラ/モジモジしてきて、さらに寝付くことが難しくなったりします。

睡眠に入るスタートが大切です。

寝付きを良くする方法として、ホットミルクを飲むとか静かな音楽を聴くといった方法もありますが、抱き枕もその一つです。

リラックス効果、姿勢としての身体の担を軽減したりします。

抱きついたり、股に挟むのが落ち着くとか人によって色々あります。

<スポンサーリンク>

 

手放せなくなる抱き枕

抱き枕に慣れてしまうと、無ければ寝付けないくらいになってしまいます。その一人が私・・・。

抱き枕といってもたくさん種類があります。

大きさ、かたち、硬さ色々好みはあると思います。

色々使ってみて落ち着いたのが「王様の抱き枕 と MOGU」です。

両方とも9000円くらいと結構高いです。

しかし、睡眠は1日7時間くらいとすれば、人生の30%くらいが睡眠の時間です。

その時間の長さと次の日への影響を考えると、投資をする価値はあるかと思います。

 

お勧めはビーズ、流線形タイプ

王様の抱き枕は極小ビーズ、MOGUはパウダービーズが入っており、流線形タイプ。

  • 抱いた感触:両方むにゅふわ~な感触です。
  • 張り/硬さ:MOGU > 王様の抱き枕
  • 触り心地:王様の枕は布のような感じ、MOGUは少しつるつる系
  • 1年以上使ってますが、弾力が落ちたり、かたちがヘタったりしにくい。以前、手ごろな抱き枕を試してきましたが、ペチャンコになったりすることが多かったです。振り返れば初めから王様の抱き枕/MOGUを買っておけばよかった・・・。

<スポンサーリンク>

 

抱き枕 その他気づき

  • 横向けになって寝るためか、いびきが少なくなっていることに気が付きました。
  • 冬は布団の中で抱き枕を使うと布団が少し浮くので、隙間から冷気が入ってきて少し寒くなることがあります
  • 寝付いたあとに、抱き枕が邪魔で目が覚めてしまうことがあります。(寝付いた後は、抱き枕は不要なのかも。)

当ブログ内:あなたの街の新しいお店!